予防接種

吹田市で予防接種をお探しの方ははしもと内科消化器内科クリニックへ。予防接種は、感染症の予防、発病防止、発病した場合の症状軽減といった効果が認められます。
吹田市のはしもと内科消化器内科クリニックでは、麻疹、風疹、おたふくかぜ、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、インフルエンザなどに対する予防接種を行っております。お気軽にお問合せください。

当院で行う予防接種

吹田市のはしもと内科消化器内科クリニックでは、以下の予防接種を行っております。

麻疹

麻疹ウイルスへの感染を原因として起こる病気です。
発症すると風邪に似た症状、加えて発疹が見られます。感染力が非常に高い一方で、一度感染するとその後発症することはありません。妊娠中に麻疹にかかると、流産や早産のリスクが高まります。

接種をおすすめする方

多くの人と接触する機会のある方

  • 妊娠の予定がある方
  • 妊娠の予定がある女性を家族に持つ方
接種のスケジュール

接種は2回必要です。生まれ年によって今後の摂取回数は異なりますので、以下でご確認ください。

1990年4月2日以降に生まれた方

定期接種を受けていれば、2回の接種が済んでいるはずです。その場合は、原則として以降接種の必要はありません。
ただし、定期接種を受けていないこともありますので、こちらの場合は確認が必要です。

1978~1990年4月1日に生まれた方

定期接種を受けていれば、1回の接種が済んでいるはずです。2回目の接種を受けていない、一度も麻疹にかかったことがないという場合には、追加の接種が1回必要です。

1978年以前に生まれた方

定期接種になっていない時代です。任意接種として2回受けた方、確実に麻疹にかかったことが確認できる(免疫を獲得している)方以外は、2回の接種が必要です。

風疹

風疹ウイルスへの感染を原因として起こる病気です。
発症すると風邪に似た症状が現れます。大人の方が重症化しやすく、特に妊娠初期の女性がかかると、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあります。

接種をおすすめする方
  • 子供のころに定期接種を受けていない方
  • 風疹にかかったことのない方
  • 妊娠の予定がある方
  • 妊娠の予定がある女性を家族に持つ方
接種のスケジュール

接種は2回必要です。
1回目の接種後、約5年後に2回目の接種を行います。

おたふくかぜ

ムンプスウイルスへの感染を原因として起こる病気です。
発症すると耳の下の腫れ、痛みなどの症状を伴います。よく流行がみられるのは幼稚園や学校です。ただ重症化しやすいのは思春期以降の方です。男性の場合は、睾丸炎を合併することもあります。

接種をおすすめする方
  • 幼稚園を卒業するまでにおたふくかぜにかからなかったお子様
  • おたくふくかぜにかかったことのない方(特に男性)
接種のスケジュール

接種は1回のみです。

A 型肝炎

A型肝炎ウイルスへの感染を原因として起こる病気です。
風邪に似た症状に加え、黄疸などを伴います。
特に、A型肝炎ウイルスに汚染された飲食物の摂取、感染者の糞便からの感染、性行為による感染が多く見られます。

接種をおすすめする方
  • 基礎疾患として慢性の肝障害がある方
  • 渡航の予定がある方、頻繁に渡航する方
接種のスケジュール

接種は2回必要です。
1回目の接種から2~4週間後に2回目の接種を行います。渡航し長期滞在する場合には、追加接種をすることで効果が5年以上続くとされています。

B 型肝炎

B型肝炎ウイルスへの感染を原因として起こる病気です。
発症すると、風邪に似た症状に加え、肝機能低下などを伴います。肝硬変、肝臓がんなどに進展することもあります。
主に、母子感染、注射器の使いまわし、性行為、刺青を入れる際などに感染します。

接種をおすすめする方
  • ウイルスキャリアをお持ちの方、またそのご家族
  • 医療に従事される方
  • 血液透析を受けている方
  • 渡航の予定がある方、頻繁に渡航する方
接種のスケジュール

接種は3回必要です。
1回目の接種の4週間後に2回目の接種を、4~5か月後に3回目の接種を行います。抗体が十分についていない場合には、さらに追加の接種が必要になります。

肺炎球菌

肺炎の原因菌としてもっとも多いのが、肺炎球菌です。持病が悪化したときや体調不良のときなどに感染しやすく、特にご高齢の方は発症によって重症化するリスクが高くなります。

接種をおすすめする方
  • ご高齢の方
  • 心臓疾患、呼吸器疾患のある方
  • 糖尿病の方
  • 腎不全、肝機能障害のある方
  • 脾臓摘出などによる脾機能不全のある方
接種のスケジュール

肺炎球菌ワクチンには13価と23価があります。
13価のワクチンは、1回のみの接種です。ただし任意接種(自費診療)となります。
23価のワクチンは、5年ごとの定期的な接種が必要です。定期接種で用いられているのはこちらで、対象者には補助制度があります。

インフルエンザワクチン

毎年のように流行するインフルエンザの発症の予防・発症時の重症化を予防するワクチンです。
特にご高齢の方、お子様は重症化しやすいと言われています。

接種をおすすめする方

基本的に、すべての方に毎年の接種をおすすめします。中でも、以下に該当する方は、特に接種の必要性が高いと言えます。

  • 多くの人と接触する機会のある方
  • 受験を控えている方
  • 持病をお持ちの方
  • ご高齢の方
接種のスケジュール

接種は1回または2回必要です。
2回接種の方が、より高い効果が得られると言われています。
2回接種する場合には、1回目の接種後、約1か月後に2回目の接種を行います。

診療時間time

9:00~12:00(外来)
13:00~16:00(検査/外来)
17:00~19:00(外来)

休診日:木曜午後、土曜夕方、日曜、祝日
※第一日曜日(10:00~14:00)も胃カメラ・大腸内視鏡検査を行っております。

アクセス

住所:
〒565-0816
大阪府吹田市長野東7番24号 グランドセンター千里丘

千里丘駅徒歩10分 無料駐車場70台あり


クレジットカード対応