大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の重要性

大腸カメラの重要性大腸がん検診では、便潜血検査が一般に行われていますが、“大腸ポリープや大腸がんなどがあれば必ず出血する”というものでもありません。そのため、便潜血検査で異常がなかった方のうちの約1割に、実際には大腸に何らかの異常があったという報告もなされています。
現在、もっとも確実に、早期の段階で大腸がんをはじめとする大腸の病気を見つけるためには、大腸内視鏡検査検査が不可欠と言えるでしょう。大腸ポリープががん化して大腸がんになるケースも多いため、粘膜を内視鏡で直接観察し、必要に応じて切除できる大腸内視鏡検査の定期的な受診は、大腸がんの予防という意味でも有効です。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1鎮静剤を使用した苦痛のない大腸内視鏡検査(希望の方のみ)

ご希望の方には、鎮静剤を点滴投与し、半分眠ったような状態で苦痛なく大腸内視鏡検査検査を受けていただけます。大腸内視鏡検査検査に対する不安が強い方には特におすすめです。

2平日19時、土曜日・日曜日も検査が可能(必ず検査予約の3日前までに診察予約をしてください )

平日は19時まで(木曜日を除く)、土曜日・日曜日も胃カメラ検査を行っております。
お仕事などでお忙しい方も、胃カメラ検査を受けやすくなっております。

3検査の電話予約・WEB予約可能
(必ず検査予約の3日前までに診察予約をしてください )

平日19時まで、土曜日も検査可能大腸内視鏡検査検査は、胃カメラ検査とは異なり事前の診察が不可欠です。そのため、診察のご予約の上で、大腸内視鏡検査検査の日時をご予約していただくことになります。
遅くとも、検査をご希望の日の3日前までの診察をご予約ください。お電話またはWEBからご予約いただけます。

4前処置もクリニックで可能

前処置もクリニックで可能通常、腸管洗浄液の内服はご自宅で行われるものですが、当院ではご来院後にクリニック内でその前処置をしていただくことができます。通院時間中のご不安なく、安心して検査を迎えられます。

5高精細なハイビジョン画質、拡大内視鏡の導入

高精細なハイビジョン画質、拡大内視鏡の導入カメラから届く映像は、リアルタイムで医師がモニターにて確認します。
当院では、高精細なハイビジョン画質を届ける内視鏡システム、病変部位を目立たせる拡大内視鏡を導入し、小さな病変の早期発見に努めています。

6内視鏡専門医による丁寧な検査と正確な診断

内視鏡専門医による丁寧な検査と正確な診断消化器内視鏡学会専門医である院長が、丁寧に大腸カメラ検査を行い、正確な診断を行います。
検査前の診察や、検査後のご説明についても、患者様にご納得・ご理解いただけるよう細やかに進めて参りますので、初めて当院を受診するという方もご安心ください。
もちろん、ご不明の点がございましたら、その都度お気軽にお尋ねください。

7胃カメラと大腸内視鏡検査の同日検査が可能

胃カメラと大腸カメラの同日検査が可能ご希望がございましたら、胃カメラ検査と大腸内視鏡検査を同日中に受けていただけます。
お忙しい方、2つの検査を1日で終わらせてしまいたいという方は、お気軽にご利用ください。

8リカバリールーム完備で検査後も快適

リカバリールーム完備で検査後も快適鎮静剤を使用した場合には、意識がはっきりするまで院内のリカバリールームでお休みいただきます。
快適にお過ごしいただける環境を整えておりますので、ゆっくりとお休みください。

このような方に大腸内視鏡検査をおすすめします

このような方に大腸内視鏡検査をおすすめします
  • 便に血が混じっている方
  • 貧血が続く方
  • 腹痛、腹部膨満感が続く方
  • 便潜血検査で陽性だった方
  • 大腸ポリープ、大腸がんの治療をしたことがある方

大腸内視鏡検査で見つかる病気

大腸がんは、早期に発見すれば治る可能性の高いがんです。定期的な大腸内視鏡検査を受け、大腸がんをはじめとする大腸の病気の早期発見に努めましょう。

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎

大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査の予約について

大腸内視鏡検査の予約についてまずは検査前の診察をご予約いただく必要があります。
お電話またはWEBからご予約ください。

13日前までの診察

3日前までの診察検査の3日前までに一度診察を受けていただき、検査の注意事項、薬の服用についてのご説明を行います。

2検査前日

検査前日検査前日は、昼食・夕食とも消化のよいものを摂ってください。繊維の多い生野菜、海藻類、こんにゃくなどは避けてください。
就寝前に、お渡しした下剤を飲んでいただきます。

3検査当日

検査当日検査当日は、朝から絶食です。
午前9時頃から、2時間ほどをかけて腸管洗浄液を飲んでいただきます。5~8回の排便があり、便が薄い黄色に、ほとんど水のようになれば準備完了です。

4検査前の準備

検査前の準備ご希望の方は、腸管洗浄液の内服をご来院後に院内で行っていただいても構いません
準備が整いましたら、検査へと進みます。

5大腸内視鏡検査開始

大腸内視鏡検査開始ご希望の方には鎮静剤を投与し、大腸内視鏡検査を実施します。ポリープがあれば切除します。
検査中、生体モニターによって血圧、脈拍、血中酸素濃度を監視し、全身管理を行います。
大腸内視鏡検査を行う際には、送気をして腸を膨らませる必要があります。
当院では、空気ではなく吸収の早い二酸化炭素を送気し、検査後のお腹の張りを軽減できるよう努めております。

6大腸内視鏡検査終了

大腸内視鏡検査終了鎮静剤を使用した場合には、意識がはっきりするまで、リカバリールームで30分ほどお休みいただきます。
鎮静剤を使用しなかった場合は、準備が整い次第、説明を行います。

7検査後の説明

検査後の説明大腸内視鏡検査の結果を詳しくお伝えします。
ご不明の点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

検査後の注意事項

  • 鎮静剤を使用した場合、当日中は車・バイク・自転車の運転ができません。公共交通機関またはご家族の運転するお車などでお帰りください。
  • 生研を行った場合には、当日中のアルコール摂取はお控えください。

大腸内視鏡検査の費用

3割負担の場合 1割負担の場合
大腸内視鏡検査 約5,000円 約1,700円
大腸内視鏡検査+生研 約9,000円~14,000円 約3,000円~5,000円
大腸内視鏡検査+ポリープ切除 約20,000円~27,000円 約7,000円~10,000円

※上記費用のほか、薬剤料・注射料などの実費費用がかかります。
※ポリープ切除については、切除するポリープの数によって費用が変わります。

診療時間time

9:00~12:00(外来)
13:00~16:00(検査/外来)
17:00~19:00(外来)

休診日:木曜午後、土曜夕方、日曜、祝日
※第一日曜日(10:00~14:00)も胃カメラ・大腸内視鏡検査を行っております。

アクセス

住所:
〒565-0816
大阪府吹田市長野東7番24号 グランドセンター千里丘

千里丘駅徒歩10分 無料駐車場70台あり


クレジットカード対応